未刊行物リスト


「幻影城」関連書籍には予告されていながら、刊行されずに終わった作品があります。そのうちいくつかは廃刊後、他の出版社から出版されましたが、大部分は埋もれてしまいましたが、「幻影城ミステリ」のように、昭和50年から長らく予告されていましたが、ついに刊行されることがなかった叢書もありました。
雑誌「ブラックホール」は昭和53年4月に発行が予定されていた小説・読み物専門誌です。当時、「幻影城」の読者層は大きくふたつにわかれていました。ひとつは古い作品の再録や作家論、研究・評論といった「幻影城」創刊当時からの編集方針を支持する層。もうひとつは幻影城新人賞作家が活躍するに従って増えてきた読者で、もっと肩の凝らない小説や読み物を望む層。
そこで、「幻影城」は第44号より、年四回発行の季刊誌に移行し、作品再録、作家論、評論・研究を強化、書き下ろし小説は問題提起となるような作品を中心に編集され、新たに小説・読み物誌「ブラックホール」を創刊、従来の探偵小説にこだわらず、ブラックホールのようになにもかも包括してしまうような雑誌をつくる予定でした。いわば「ブラックホール」は戦前に発行されていた「新青年」のような雑誌を目指していたのです。
ところが、結果的には「ブラックホール」は発行されずに終わりました。「ブラックホール」用に立てられていたいた企画は「幻影城」本誌(主にNo.44,45)に吸収されました。このころは「幻影城」の寿命も尽きかけており、営業上の理由があったのかもしれません。

関連:未刊に終わった「幻影城」関連書籍・作品


「幻影城ノベルス」未刊行リスト

「幻影城評論研究叢書」未刊行リスト


タイムトラベルロードショウ

紀田順一郎著 A5判上製本 定価1300円 1978年11月5日刊予定
<幻影城>で連載された「幻影館」12篇に書下し「月世界旅行」と「ファントマ」2篇を収録。連載中、その単行本化が待たれた紀田順一郎の労作愈々刊行。
●主な内容 月世界旅行/ファントマ/ゴーレム/カリガリ博士/狂える悪魔/霊魂の不滅/フォーゲレート城/ノスフェラテュ/ロストワールド/オペラの怪人/メトロポリス/下宿人/猫とカナリア/スピオーネ


ミステリ・冒険小説・SF・ファンタジー・コミック・イラスト誌
ブラックホール創刊号予告目次リスト

昭和53年4月25日発売・予価380円・A5版160頁・月刊

短期連載第一回 湖底のまつり(100枚) 泡坂妻夫
巻頭特集=日本のSFの系譜 SFランドへようこそ 栗本薫
多彩なSFファンダム 柴野拓美
日本のSFベスト10 石川喬司山野浩一・山本明
私とSF 尾崎秀樹・他
SFマガジン&奇想天外編集長インタビュー 谷口高夫
ネオ・ロマン特集 魔女は赤い爪をもつ-推理小説- 筑波孔一郎
妖魔山大探検-冒険小説- 高村信太郎
海賊船ロシナンテ号-SF- 李家豊
連作 short short 23世紀のポップス -期待の大型女流新人-京堂司
イラストへの招待 カラー8頁=村上芳正の華麗な世界 村上芳正
32頁一挙掲載=-キリエ-宝島 横山隆一
コレクター紹介 映画フィルムコレクション 紀田順一郎
TVミステリーグラフティ アメリカの影 麻田実

幻影城ミステリ予告リスト
頁数の後には再録元を記載しました。
発表名義が異なる場合は、誌名の後の( )内に記載しました。
装丁はB6判丸背上製本が予定されていた。

赤い密室-星影龍三登場- 赤い密室 鮎川哲也 探偵実話(中川透) 1954年(昭29)9月号
消えた奇術師 講談倶楽部 1956年(昭31)11月号
白い密室 宝石 1958年(昭33)4月号
道化師の檻 宝石 1958年(昭33)5月号
薔薇荘殺人事件 宝石 1958年(昭33)8月号
悪魔はここに 宝石 1959年(昭34)1月号
青い密室 宝石 1961年(昭36)5月号
砂とくらげと 宝石 1961年(昭36)10月号
ひなの首-雄太郎・悦子登場- ひなの首 仁木悦子 別冊小説宝石 1972年(昭47)4月号
黄色い花 宝石 1957年(昭32)7月号
灰色の手袋 宝石 1958年(昭33)4月号
弾丸は飛び出した 宝石 1958年(昭33)5月号
赤い痕 宝石 1958年(昭33)7月号
暗い日曜日 宝石 1962年(昭37)12月号
初秋の死 推理界 1969年(昭44)11月号
ただ一つの物語 小説サンデー毎日 1971年(昭46)12月号
赤い真珠 小説サンデー毎日 1971年(昭46)5月号
木がらしと笛 推理 1972年(昭47)2月号
枯野-春日検事の良心- 枯野 日影丈吉 宝石 1956年(昭31)3月号
善の決算 小説公園 1956年(昭31)7月号
眠り草は何を夢みる 別冊クイーン・マガジン 1960年(昭35)冬号(1月号)
借りた顔 推理界 1967年(昭42)10月号
歩く木 推理ストーリー 1968年(昭43)5月号
戯れに死は選ぶまじ 推理界 1969年(昭44)4月号
多すぎる証人-信一少年シリーズ- 多すぎる証人 天藤真 幻影城 1976年(昭51)1月号
宙を飛ぶ死 幻影城 1976年(昭51)2月号
出口のない街 幻影城 1976年(昭51)3月号
見えない白い手 幻影城 1976年(昭51)4月号
完全な不在 幻影城 1976年(昭51)5月号-6月号


そのほかに「幻影城」本誌に予告されていながら掲載されなかった再録作品は、以下の通り。

「ベイラの獅子像」橘外男1975年3月号(No.2)
「幽魂賦」橘外男(1975年8月号(No.8)
「死境アフリカ」橘外男(1975年11月号(No.11)
「美しき山猫」香山滋1975年3月号(No.2)
「水色の目の女」地味井平造1975年5月号(No.4)
「湖の畔」三橋一夫1975年5月号(No.4)
「具足一領」横溝正史1975年7月号(No.6)
「妻のこと」江戸川乱歩1975年7月増刊号(No.7)
「旅順海戦館」江戸川乱歩(1975年7月増刊号(No.7)
「私の十代」江戸川乱歩(1975年7月増刊号(No.7)
「活字と密約」江戸川乱歩(1975年7月増刊号(No.7)
「処女作」江戸川乱歩(1975年7月増刊号(No.7)
「三十代のころ」江戸川乱歩(1975年7月増刊号(No.7)
「放浪記」江戸川乱歩(1975年7月増刊号(No.7)
「蒐集癖」江戸川乱歩(1975年7月増刊号(No.7)
「私の本棚」江戸川乱歩(1975年7月増刊号(No.7)
「集書」江戸川乱歩(1975年7月増刊号(No.7)
「狐霊」赤沼三郎1975年8月号(No.8)
「白鯱模様印度更紗」星野青人=久生十蘭1975年11月号(No.11)
「弘化花暦」谷川早=久生十蘭(1975年11月号(No.11)
「千早館の迷路」海野十三1975年12月号(No.12)
「慈善家名簿」葛山二郎1976年2月号(No.14)
「下駄」岡戸武平1976年3月号(No.15)
「鼻」吉野賛十1976年9月号(No.21)
そのほか正式な予告とは別に「渦潮」藤雪夫
「鯉沼家の惨劇」宮野村子の長編掲載が触れられていた。


表紙へ